2014年4月16日嘉瀬川ラウンド

昨日、お伝えしたように佐賀県の河川敷コース

嘉瀬川に、高校の時の部活の知人と3名でラウンドして来ました。

まず、個人的な成績は

OUT 48(ショット数 29 パット数 19)

IN 53(ショット数 32 パット数 21)

TOTAL  101

 

untitled

 

 

おそらく、今まで嘉瀬川を廻った中でも

スコア的には、良かった方だと思います。

※101で良かったほうでは、情けないのですが・・・

 

昨日、ラウンド前の記事

でも、書いたとおり、「呼吸法」に気を付けてラウンドしてきました。

※後半は、忘れていたホールも何ホールかありましたが・・・

 

バックスウィングの時に息を吐きながら

インパクトの瞬間に、最大で吐く

みたいな感じで行ないました。

 

元々、飛距離不足に不満を持っているので

どうしても、飛ばそうとして力が入っている状態で

今まで、ゴルフを行なっていましたが

この呼吸法は、ひょっとしたらいいかもしれない

と感じました。

 

この呼吸法ともうひとつ気を付けた事は

【下半身主導】

のスウィングです。

 

まあ、1度にあれこれ行なうと難しので

こちらは、少しだけ意識しました。

 

ティーショット前に、クラブを体の前に立てて

両手で杖のようにクラブを上から押さえて

上半身は動かさず、下半身だけ

トップからフィニッシュまでの動きを素早く行なう動作です。

 

これを行なう事により、自分の脳に

「ゴルフは、下半身主導で行なう」

という意識を植え付ける動作です。

 

元々、飛ばそうとして、上半身で打ちにいき

体が開いてしまうことが多かったので

こちらも、引き続き、意識していきたいと思います。

 

一緒に回った知人は

94

85

特に、85で廻った知人は、

バーディ 2つ パー 5つ

アプローチなどもやはり、うまいです。

 

特に、OBとか打っても、大くずれがなく

私が、OBとかなしでのスコアと全然、変わりませんでした。

 

やはり、基本というものがしっかり身についている証拠だと思います。

 

早く、このレベルに行きたいものです。

 

それにしても、相変わらず、飛距離が出ません。

距離が短く、フェアウェイが狭いホールなどは

一緒に廻った2人は、スプーンとかで攻めていたのですが

距離が出ないドライバーの私より飛んでいました。

 

ゴルフは、飛距離だけではない

ということは充分、承知しているのですが

大きなアドバンテージ(次のクラブが短いものが使える)

になるので、今後も、飛距離は追い求めていきたいと思っています。

 

飛距離アップに必要なものは

ヘッドスピード

ボールの初速

適切なボールのスピン量

と言われていますが、今の自分は、全部、足りていないように思えます。

 

まあ、あせらず、1つ1つ問題点をつぶしていこうと思っています。

 

 

先日、森田理香子が優勝した女子プロツアーの3戦目

Tポイントレディースの舞台になった佐賀県の若木ゴルフクラブで

6月に、高校の部活のコンペがあるので

なんとかそれまでに、コツらしきものを見つけたい!!

 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ