エポンAF102ドライバー

エポンドライバーの打感が忘れられず、買っちゃいました!

後輩というかゴルフの師匠が持っている

エポン AF102ヘッドのシャフト:クレージーCB46が挿してある

ドライバーを何回か打たせてもらった事があります。

 
その時、打感が非常にやわらかく

すごくいい感触だったのを忘れられず

ヤフオクで

エポンAF102ヘッドのクレイジーTJ80を購入。

 

epon1

epon2

クラブスペック

45.25インチ
ロフト8.5 (特注)
バランス D2.3
クラブ重量 320グラム
シャフト:クレージーCB46が挿してあるものが

無かったので、TJ80で妥協しました。

 

感触的には、ヘッドに一度、ボールがのめりこんで

柔らかくボールを弾く感じ。

※打ってみないとわからないと思いますが・・・・

 

ヤフオクの商品説明文を見て

「シャフトスパイン差し」

という文字が・・・・

 
初めて聞く言葉でした!

 

早速、調べてみると

スパインとは、円柱状のシャフトの外壁の分厚い部分。

 

どうしても、円柱状のシャフトは

外壁側の一定方向が分厚くなるようです。

 

分厚い部分の縦方向が強度が強く

その縦方向と垂直に交わる横方向は強度が

縦方向より弱くなる。

 

そこで、シャフトの振動数を安定させるために

調整をするようです。

 

 

スパイン調整については

どのように調整するかは、諸説あるようです。

 

 

ただ、素人レベルではわからないという意見も

たくさんありました。

 

 

また、振動は剛性の弱い方向で安定するとも言われています。

このことを「アンチ・スパイン」と言うそうです。

もし、時間があれば

「アンチ・スパイン」を調べてみては・・・・

 
まあ、しかし、ゴルフも奥が深い!

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ