ヘットスピードと右手の位置

前回お話した。

「ヘットスピードアップについて」

記事

の続きになります。

同じような動きに見える野球のバットと

ゴルフクラブとの違いは知っていますか?
それは、グリップの延長線上に打点がなく、

フェースが開くように回転しやすいことが

ゴルフクラブの大きな特徴です。
ドライバ-やフェアウェイウッドを

真上に向けてシャフトの部分を軽く持てば、

右側に回転します。
つまり、何もしなければフェイスは開く方向に

自然と回るようにできています。
特に、最近、主流になっている大型ヘッドは

その慣性が高く、一度開いたヘッドは

ダウンスイング中戻りにくくなっています。
私もそのうちの1人ですが、

男性の方で、野球のバッティングの経験者は多いです。
ゴルフクラブをバットを振るように振ると

左手の甲は、上を向いてしまいます。
しかし、ゴルフのスイングは、

右手が常に上になければなりません。
野球のバッティングをイメージして

ゴルフクラブをテイクバックすると

早い段階で、左手の甲が上を向き、

どうしてもフェースが開いてしまいます。
さらに、ゴルフクラブの慣性で、

フェイスが開く方向にヘッドが回りやすいため、

さらに、大きくフェースが開き、

ダウンスイングで戻せなくなってしまいます。
それを改善するには

「グリップ」

で、工夫をします。
クラブヘッドの重心(フェイスの少し内側)

に、左手の親指が向くように握ります。
こうすることで、あらかじめ左手の甲が

斜め上を向く形になり、構えた時に上から

見ると、人差し指と中指のナックルの二つが

見えるような状態になります。
いわゆる

「フックグリップ」

と呼ばれているものですが、

このグリップこそが今のクラブに最適なグリップなんです。
それともう一つのポイントは、

テークバックの始動の仕方

です。
アウトサイドインになるのは、

テークバックでフェースが開くため

ボールをフェイスの正面で捉えようと

クラブを外から下ろすことで補おうとしているためです。
しかし、インサイドアウトにすれば、

もっとフェースが開くため、より右に飛んでしまいます。
ダウンスイングの軌道修正するには、

テークバックの改善が必要になります。

 

フェースが開く癖を改善するには、

特に、8時のところまで

上体、腕、クラブを一体化することです。
この感覚を掴むには、クラブのグリップを

おへそにあてて練習することがわかりやすいです。
上体、腕、クラブがワンセットで上がることによって、

ハーフバックの時、アドレスと同じように

右手が上にある形になり、フェースが開かず

フェースが前傾角度と同じになります。
この8時のところまで正しい形ができると

あとは、クラブが自然に上がっていきます。
ぜひ、一度、意識してやってみてください。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ